第一会員イチキ游子の古墳に混乱コラム

第一会員イチキ游子の「古墳に混乱コラム」:第五回

「世界のYOZAWA考」

1月の半ば、東横線の多摩川駅にある多摩川台公園にピクニックに行った。

メンバーは、まりこふん会長、あたくし、そして「理事」。
…そう、あまり知られていないが、実は古墳にコーフン協会には会長と理事長の他に、「理事」という人物が存在するのである。

その名は「YOZAWA」。
第一会員イチキ游子の「古墳に混乱コラム」:第五回

ロケンローラー「ヨザワのまーちゃん」ことヨザワ マイ。本業イラストレーター。
一方で古墳よりも圧倒的に古事記を愛する神話のエキスパートで、島根県の「脳内親善大使」でもある。
そんな彼女がなぜ古墳 de 協会 de 理事なのかまったく意味がわからず今も判明していないという点で唯一、ノンポリ会員のあたくしが絶対的にいらない信頼を寄せる人物と言えた。

さて、ピクニックでございますが、勿論ただの行楽ではない。多摩川台公園には「多摩川台古墳群」という、大小さまざまに見応えのあるそれはそれは長蛇の古墳群があるわけで、それを愛でながらお弁当を食べようという企画である。
第一会員イチキ游子の「古墳に混乱コラム」:第五回

そもそも今回の企画はヨザワ氏が発案で、いわば彼女が「幹事」なわけだったのだが、

会長「どうしますか、幹事?」
ヨザワ氏「まー、そうですねー(得意の腕組み)」
会長「たとえば、とりあえずこー行きますか?」
ヨザワ氏「それに決めました!(さも思いついた風)」
会長「そこからどうしますか、幹事?」
ヨザワ氏「まー、そうですねー(得意の腕組み)」
会長「たとえば、あすこからこう回って…」
ヨザワ氏「それに決めました!(さも思いついた風)」

…老中まりこふんに操られた「傀儡政権・YOZAWA」の発足のもと、珍道中は始まったわけである。
第一会員イチキ游子の「古墳に混乱コラム」:第五回

快晴ながら数日前の雨の名残でお足元のお悪い中、一通り古墳群を見て回ること約2時間。自然風景といにしえの古墳の静寂の佇まいに癒され、そして期待を裏切らず古墳にコーフンしまくりの会長を、ヨザワ氏とふたり楽しむ行程を経て、お弁当。

この日のお弁当はなんとヨザワ氏の御母堂の手作りであった。これにはいたく感動。大きなタッパーいっぱいに、色とりどりのお惣菜に卵焼きに唐揚げにおにぎり達…。

「よその家の卵焼きの味って、なんでこんなに味わい深いのでせうねェ…」

公園に据え付けの木製のテーブルセットでヨザワ母による美味しいお弁当をいただきながら古墳を愛で、和やかに談笑する古墳にコーフン協会・婦人部の面々…。

嗚呼、いい日デスねェ。ダカラ古墳巡りはやめられないのですヨ、キミ、ポリシーないクセに?言うねェ、キヒヒヒ…。などと夢野久作スマイルが止まらないおだやかな昼下がり…。
第一会員イチキ游子の「古墳に混乱コラム」:第五回

午後、腹ごなしがてらに公園から少し歩いたところにある「多摩川浅間神社」を訪れる。

ここはなんと、神社の中に古墳があるという、まさに古墳マニアの会長と神様マニアのヨザワ氏にとっては、サービスエリアの中のフードコートのごときどうにでも楽しめる夢の国なわけである。イッツ・ミラクルプレイス。もしこれで境内に「西部警察記念館」でもあったら、まるであたくしたち3人のためにあるような場所ではないですか!
第一会員イチキ游子の「古墳に混乱コラム」:第五回

…などと、不必要にひそかな趣味を暴露して自爆し果てたところで、急な石段を登って鳥居をくぐったその時。

それまで、あたくし同様ノンポリに古墳巡りを楽しんでいたはずのヨザワ氏のオーラが一変した…

(あ、ヨザワさん、顔が…りりしくなった…!)

…おそらくあれは「神様専門家」の眼であった。
キメポーズなのかただの癖なのかよくわからない得意の腕組みをしたまま、賑わう境内を静かな瞳で見回すヨザワ氏は、とても孤高で高貴で、その横顔にスッと通った鼻梁を見つめながらあたくし思わず心の底から思った。

(なんか、スナフキンっぽい…)

神社という「ヨザワの聖域」に立ち入ってしまったことへの畏怖。そして同時に、この人がいれば神社の参拝方法や手水の仕方を間違えなくて済む。という打算的安堵感で、会長とあたくしはもはや傀儡ではなくなったヨザワ理事に大人しく従って二礼二拍手一礼したものなのである。

古墳とは関係ないけど、なんつうか、さすが理事。

しかしその後、神社詣でのパワーで調子が出てきたヨザワ理事は、恒例の会長による古墳アドベンチャーの際、普段より捜索に困難を極めたレア古墳の所在地を、まるで冗談としか思えない理屈の野生の勘で見事に探し当て、エスパーヨザワの称号まで手に入れることになった。
第一会員イチキ游子の「古墳に混乱コラム」:第五回

本能と理性の間が恐ろしく近距離の女。かと思うと、歩いている途中で階段に座り込み、眼下の街並みを見渡しては、

「なんか『耳をすませば』の舞台みたいですねー」

と、あえてあたくしがまったく観たことのないアニメ映画にひとりウットリと想いを馳せたりもする自分時間の旅人、それが我らが理事「YOZAWAのまーちゃん」なのである…。

そして、そんなヨザワマイ理事&まりこふん会長の恒例イベント「古事記&古墳ナイト」が
3月21日(金)に経堂のさばのゆで催されるらしいので、ノンポリ会員、今から楽しみにしてるわけだったりする。

第一会員イチキ游子の「古墳に混乱コラム」:第五回

from.Yuko Ichiki