協会日記

「第9回野毛古墳まつり」に参加しました〜。

2016年10月16日、東京都世田谷区の野毛大塚古墳でおこなわれた『第9回野毛古墳まつり』に参加してきました!
まりこふんトークショー&協会ブース出展で古墳にコーフンしてきましたよ。
(古墳にコーフンはいつものことです)

ちなみに野毛大塚古墳とは・・・、

野毛大塚古墳は、国分寺崖線上の高台、上野毛から尾山台にかけて広がる野毛古墳群のなかで最大規模の古墳です。平成元~4年に行われた発掘調査によって、古墳の形は帆立貝形古墳(全長82メートル、後円部直径67メートル、高さ11メートル)で、 同種の古墳としては最大級の規模を誇っています。

また、周囲には馬蹄形(ばていけい)の濠(ほり)がめぐり、これを含めた全長は104メートルになることがわかっています。

なお、古墳の表面は葺石(ふきいし)で覆われ、都内最古の埴輪列が立てられています。

後円部の頂上には遺体を埋葬する施設である主体部(しゅたいぶ)が50年ほどの間に4カ所設けられています。中央の第1主体部からは関東地方最古の鉄製甲冑(かっちゅう)や石製品など、多種多量の副葬品(ふくそうひん)が出土しています。(東京都指定有形文化財)

これらの副葬品から、5世紀初めころ(約1,600年前)に造られた古墳と考えられ、畿内王権と深く結びついた南武蔵地域の大首長墓と考えられ、当時の政治・社会の展開を考える上で重要です。

世田谷区ウェブサイトより

という、巨大な帆立貝式古墳ですね。

「第9回野毛古墳まつり」に参加しました〜。
朝9時、住宅街の中にたたずむ野毛大塚古墳。

「第9回野毛古墳まつり」に参加しました〜。
「第9回野毛古墳まつり」に参加しました〜。
玉川野毛町公園としてきれいに整備されてますよ。
野毛大塚古墳の模型・解説文もあります。わかりやすい。

「第9回野毛古墳まつり」に参加しました〜。
「第9回野毛古墳まつり」に参加しました〜。
古墳にコーフン協会ブースも設置完了!

「第9回野毛古墳まつり」に参加しました〜。
古墳クッションビルダー宇宙椅子さんの『野毛大塚古墳クッション』もありますよ!
造出しがぴょこんと出ていてかわいい。そっくりです。

「第9回野毛古墳まつり」に参加しました〜。
こちらは前方後方墳のちびちびこ(古墳クッションのミニミニサイズ)。
新作です。

「第9回野毛古墳まつり」に参加しました〜。
さてさて、ブース設置も完了してあとは、まつり開始を待つばかり。
ちょっと散歩しましょうかね。
(写真はタチハナ副理事長お手製の墳帽子)

「第9回野毛古墳まつり」に参加しました〜。
野毛大塚古墳の情報展示コーナー。
混む前に覗いてきました。

「第9回野毛古墳まつり」に参加しました〜。
野毛大塚古墳とその周辺の古墳から出土した埴輪がずらり。
柵型埴輪いいですよね〜。

「第9回野毛古墳まつり」に参加しました〜。
「第9回野毛古墳まつり」に参加しました〜。
「第9回野毛古墳まつり」に参加しました〜。
気合入りすぎている超高精細ペーパークラフトの数々。
なにこれすごい。

「第9回野毛古墳まつり」に参加しました〜。
古代食の炊き出しもありました。

「第9回野毛古墳まつり」に参加しました〜。
とどろき渓谷ビールもありました〜。ぐびぐびプハー。

「第9回野毛古墳まつり」に参加しました〜。
さあ、第9回野毛古墳まつり、はじまりはじまり〜。

「第9回野毛古墳まつり」に参加しました〜。
古墳にコーフン協会ブースもいきなりの賑わい。
「今日って、まりこふんさん来るの?」
「はい、もうすぐトークショーしますよ」
「この古墳クッション、欲しかったんですよー」
「ですよねー」

「第9回野毛古墳まつり」に参加しました〜。
お昼には、まりこふんトークショー。
東京の古墳めぐりの楽しみ方などを話しました。
ちなみに、古墳の前方部がステージです。

「第9回野毛古墳まつり」に参加しました〜。
まりこふんトークショーのあとは、まりこふん大忙しに。
著書にサインしたり、あいさつしたり、写真を撮ったり撮られたり。

「第9回野毛古墳まつり」に参加しました〜。
「第9回野毛古墳まつり」に参加しました〜。
ふいに現れたゆるキャラ『のげ丸くん』!
どうみても野毛大塚古墳!
彼は今回のまつりが初登場なのかな。パーツのいたるところから手作り感が滲み出ていて、じんわりと応援したくなる造形。
これからもがんばってのげ丸くん!(壊れないでね)

「第9回野毛古墳まつり」に参加しました〜。
こちらも地域のゆるキャラ『とどロッキー』。
この古墳のある等々力(とどろき)地域、動物のトド、そしてボクサーのロッキー。
それらを掛け合わせて『とどロッキー』に!(どうして掛け合わせた)
だいぶ横に広い、ごつい、そして体をこすると上に伸びて大きくなる設定。(一部で「ヤダッ、卑猥」とささやかれていた彼)

「第9回野毛古墳まつり」に参加しました〜。
まりこふんと、とどロッキー。

「第9回野毛古墳まつり」に参加しました〜。
とどロッキーに勝負を挑む当協会会員。

「第9回野毛古墳まつり」に参加しました〜。
さて、まつりも終了時間。
地元の方がいつもの公園にふらりと遊びにくる感覚で、ゆっくりとした時間が流れる、のんびり過ごせたおまつりでした。

「第9回野毛古墳まつり」に参加しました〜。
まつり後は等々力駅近くでホルモンを摂取。ビールも吸引。
こういう場所で語る墳活話がまた楽しい。

泉崎横穴(福島県泉崎村)の公開日だーーー!

2016年10月8日、この日は福島県泉崎村にある装飾古墳『泉崎横穴』の年一回の公開日。
まりこふん『これは行くしかない!』
理事長『ですよね!』

ちなみに泉崎横穴とは・・・、

泉崎横穴は、今から約1,400年前につくられた横穴墓です。
昭和8年に道路工事をしているとき偶然に発見されました。
横穴墓は当時7つ発見されましたが、その内の一つ横穴墓内部に赤い顔料で絵画が描かれていることがわかりました。

絵画の内容は,人物や馬などの動物、渦巻きなどの幾何学模様きかがくもようで,横穴墓の玄室げんしつと呼ばれる部屋の壁面や天井など、いたる所に描かれています。このような古墳時代の古墳や横穴墓に描かれた絵画のことを装飾古墳そうしょくこふんといいます。

発見された当時、東北地方での装飾古墳の発見は初めてのことで、大々的に報道され話題を集めました。
他の横穴墓は無くなってしまいましたが、この絵画が描かれた横穴墓は国史跡として保存されることになりました。

泉崎村ウェブサイトより

という珍しい古墳です。

泉崎横穴(福島県泉崎村)の公開日だーーー!
新宿で待ち合わせた二人。(元気)
てなわけで、福島県に出発です。(ワクワク)

福岡支部長のタニグチダイスケとその友人の方にお世話になり、車移動でぴゅーんと福島県まで。
車内はこれから見られる装飾の話で大盛り上がり。
「ほんとに!?ほんとにあの絵が見られるの!?」
「は、はやく!はやく泉崎村へ!!!」
「あ、でもそこのサービスエリアでアイス食べたい」

泉崎横穴(福島県泉崎村)の公開日だーーー!
そんなこんなで順調に進み、一行は泉崎村へ。
あ、泉崎横穴発見。あっさり。

泉崎横穴(福島県泉崎村)の公開日だーーー!
どーん!

泉崎横穴(福島県泉崎村)の公開日だーーー!
どどーん!
今日はこの中に入れるのですね。(土器土器)
さっそく入れてもらいました。

泉崎横穴(福島県泉崎村)の公開日だーーー!
!!!!????
「えっ、こんなに鮮やかに残ってるの!?」
一同、驚きを隠せない。
こんなにハッキリと絵が見られるなんて!こりゃすごい!

泉崎横穴(福島県泉崎村)の公開日だーーー!
左の壁には馬の姿も見えますね。

泉崎横穴(福島県泉崎村)の公開日だーーー!
右壁にもなにやら装飾が。(靭・馬・直線文などだそうです)

泉崎横穴(福島県泉崎村)の公開日だーーー!
泉崎横穴(福島県泉崎村)の公開日だーーー!
ガラス面ギリギリまで近寄って装飾を観察しているまりこふんと理事長。コーフン中。(いつものことです)
「ちょっと私にもはやく見せてください」
「ちょっと待ってください、まずは僕から」
「時間はたっぷりありますよ〜」(説明係の方)

泉崎横穴(福島県泉崎村)の公開日だーーー!
滞在中、混雑もほとんどなく、長時間横穴を見学することができました。
詳しく説明してくださった係の方と記念撮影。ありがとうございました。
泉崎横穴、とても残りの良い装飾古墳でした。これは来年も見にいっちゃうかも・・・。

泉崎横穴(福島県泉崎村)の公開日だーーー!
興奮覚めぬまま、泉崎資料館へも足を運びました。(JR泉崎駅すぐ横)
泉崎村の歴史が展示されています。

泉崎横穴(福島県泉崎村)の公開日だーーー!
泉崎資料館、館内。

泉崎横穴(福島県泉崎村)の公開日だーーー!
あっ、これは原山古墳出土の力士形埴輪!

泉崎横穴(福島県泉崎村)の公開日だーーー!
泉崎横穴コーナー。
顔ハメじゃないけど、なんとなくはまってみたまりこふん。

泉崎横穴(福島県泉崎村)の公開日だーーー!
泉崎村のイメージキャラクター『いずみちゃん』もいました。
8月28日誕生 推定1400歳。
左手にさげてるいずみちゃんストラップ欲しい・・・。(現在は在庫なしだそうです)

泉崎横穴(福島県泉崎村)の公開日だーーー!
墳活するとお腹が空きますね〜。
この地域の名物「白河ラーメン」も食べました。
みんなが声を揃えて唸る味。「これは美味しい」

泉崎横穴(福島県泉崎村)の公開日だーーー!
泉崎横穴、またねー!