協会日記

『熊本装飾古墳とデザイン Kumamoto Rock Art & Design』展に行ってきました

2016年2月19日〜2月21日の三日間、東京の世田谷ものづくり学校で開催された「熊本装飾古墳とデザイン Kumamoto Rock Art & Design」を見てきました。
http://setagaya-school.net/Event/15232/

九州地方に多数存在する装飾古墳および文様のことはもちろん知っていましたが、その文様を考古学的な観点にとらわれず、現代デザインとして展開したすばらしい企画です。

『熊本装飾古墳とデザイン Kumamoto Rock Art & Design』展に行ってきました

ようこそ装飾古墳の世界へ

4世紀から7世紀に及ぶ古墳時代に大和政権が成立し、その勢力は日本列島各地へ浸透、古代の統一国家が形成されました。そして5世紀〜6世紀の時期に熊本の豪族たちは壮大な墓を築き死者の墓室を飾る風習を発祥させました。
グラフィックデザイナー視点で見る素朴な文様は冥界の暗さや呪術性から離れ、丸・三角・四角を展開し当時の流行になったとされた装飾の多様さに驚くばかりです。わが国の「和の文化」の基層を築いたのは、古墳時代にあると確信しております。
古くから縄文土器や土偶、埴輪などは注目され、海外まで知られましたが、残念ながら装飾古墳はその存在さえも知られておりません。このままだと数十年をまたずに消失すると危惧し、この文化遺産の復刻と、リ・デザインに取り組んでおります。
次回は東北地方まで波及した装飾文様やナイーブな絵画まで広げてゆく予定です。
ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

熊本デザインプロジェクト・リーダー ペドロ山下

『熊本装飾古墳とデザイン Kumamoto Rock Art & Design』展に行ってきました

会場はとても明るくポップな雰囲気。(実際の古墳の石室は暗いですけどね・・・)
デザイナーの皆様が古墳を楽しんでいるようすが伝わってきます。
見ているこっちも楽しくなるもんね!

『熊本装飾古墳とデザイン Kumamoto Rock Art & Design』展に行ってきました
『熊本装飾古墳とデザイン Kumamoto Rock Art & Design』展に行ってきました
『熊本装飾古墳とデザイン Kumamoto Rock Art & Design』展に行ってきました
『熊本装飾古墳とデザイン Kumamoto Rock Art & Design』展に行ってきました
『熊本装飾古墳とデザイン Kumamoto Rock Art & Design』展に行ってきました
『熊本装飾古墳とデザイン Kumamoto Rock Art & Design』展に行ってきました
『熊本装飾古墳とデザイン Kumamoto Rock Art & Design』展に行ってきました
『熊本装飾古墳とデザイン Kumamoto Rock Art & Design』展に行ってきました
『熊本装飾古墳とデザイン Kumamoto Rock Art & Design』展に行ってきました
『熊本装飾古墳とデザイン Kumamoto Rock Art & Design』展に行ってきました
『熊本装飾古墳とデザイン Kumamoto Rock Art & Design』展に行ってきました
『熊本装飾古墳とデザイン Kumamoto Rock Art & Design』展に行ってきました
『熊本装飾古墳とデザイン Kumamoto Rock Art & Design』展に行ってきました
『熊本装飾古墳とデザイン Kumamoto Rock Art & Design』展に行ってきました
『熊本装飾古墳とデザイン Kumamoto Rock Art & Design』展に行ってきました
『熊本装飾古墳とデザイン Kumamoto Rock Art & Design』展に行ってきました
『熊本装飾古墳とデザイン Kumamoto Rock Art & Design』展に行ってきました
『熊本装飾古墳とデザイン Kumamoto Rock Art & Design』展に行ってきました
『熊本装飾古墳とデザイン Kumamoto Rock Art & Design』展に行ってきました
『熊本装飾古墳とデザイン Kumamoto Rock Art & Design』展に行ってきました
『熊本装飾古墳とデザイン Kumamoto Rock Art & Design』展に行ってきました
『熊本装飾古墳とデザイン Kumamoto Rock Art & Design』展に行ってきました
『熊本装飾古墳とデザイン Kumamoto Rock Art & Design』展に行ってきました

いろんな形を組み合わせた図形や人の絵、改めて見ても、何度見ても、美しい意匠。
これが1,500年も前から存在していたなんて!コーフンです!

古墳への興味の入り口はさまざまですが、デザイン方面からの入り口として装飾古墳文様はとても説得力を持ちますね。
日本の「和」のデザインとしてもとても秀逸に感じます。
これ、世界にも通用するよね!?よね???

装飾古墳が日本の文化財を知ってもらうきっかけになれば嬉しいなぁ。(話が大きくなってきた)

『熊本装飾古墳とデザイン Kumamoto Rock Art & Design』展に行ってきました
プロジェクトリーダーのペドロ山下さんと。
すてきな企画展をありがとうございました!