最新古墳にコーフンニュース

ニュース

階段状の葺石発見 生目1号墳「珍しい工法」/宮崎

南九州で最古の大型前方後円墳と考えられている宮崎市跡江の国史跡・生目古墳群1号墳(4世紀初頭)で、後円部を覆う葺石(ふきいし)が良好な状態で見つかり、その一部が段状に積み上げられていることがわかった。8日、宮崎市教委が発表した。
葺石を段状に積み上げた工法は全国的にも例がなく、同教委は「南九州地方における古墳の築造を考える上で重要な発見」としている。

記事のページ:
http://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_3522.html