最新古墳にコーフンニュース

イベント

県指定史跡「大代古墳」を一般公開します(3月2日)/徳島

2014年3月2日に徳島県鳴門市の大代古墳にて古墳の一般公開があります。

徳島県教育委員会では,年に1度,県指定史跡「大代古墳」の一般公開を実施しています。

「大代古墳」とは・・・
平成12年度に四国横断自動車道建設に伴う発掘調査で確認され,トンネル上に現地保存されています。
古墳時代前期末(4世紀末)に築造された前方後円墳で,全長54m,県内の前方後円墳では5番目の大きさです。
同じ尾根上に位置する2基の円墳と併せて,平成13年9月に県史跡に指定されました。

古墳の所在地が,高速道路の敷地として取り扱われていることから,通常は一般の見学者が墳丘上に立ち入ることができません。
そこで,徳島県教育委員会が地元の「大代古墳等歴史的文化遺産保存会」に委託し,年1回,県民の方を対象に公開しています。

平成25年度も,次のとおり公開いたします。ご参加お待ちしています。

日時: 平成26年3月2日(日) 受付 13:00~ 公開 13:30~15:00
※雨天の場合は3月9日(日)に順延

場所: 県指定史跡「大代古墳」(鳴門市大津町大代)
駐車場は旧鳴門市衛生センター

内容: 鳴門市の大津西小学校5・6年生児童と徳島県教育委員会担当職員による古墳・出土遺物等についての解説
大代古墳に関する資料配付

その他: 雨天の場合の実施の有無については,2日(日)当日,8:30~12:00までに,徳島県教育委員会教育文化政策課までお問い合わせください。

問い合わせ先: 徳島県教育委員会教育文化政策課(徳島市万代町1-1)
電話(088)621-3164

詳細ページ:
http://www.pref.tokushima.jp/docs/2014022000205/