最新古墳にコーフンニュース

ニュース

古墳時代後期の円墳見つかる 高島・上御殿遺跡/滋賀

高島市安曇川町三尾里の「上御殿(かみごてん)遺跡」から古墳時代後期(六世紀中ごろ)の円墳一基が見つかり、県文化財保護協会が二十七日、発表した。円墳から痕跡が確認できた木棺部分には、日本海側との交流を示す特徴が見られ、担当者は「地域の歴史を考える上で貴重な発見」と話している。
円墳は直径一二・八メートル。中央に南北四・七メートル、東西一・七~一・九メートル、深さ二十二センチの墓穴が確認された。木棺自体はなくなっているが穴には長さ三・二メートル、幅七十五センチのひつぎが納められていた痕跡があった。

木棺があった場所の北側(頭部側)からは、二ミリ程度の副葬品のガラス玉が二点出土しており、埋葬者は地域の有力者だったと考えられる。円墳の周りから古墳時代後期の須恵器の杯蓋(つきぶた)が出土し、年代特定につながった。
特徴的なのは、木棺の頭部側と足元側に石を混ぜた白い粘土があった点。板で四方を囲まない、このような木棺は主に日本海側に分布し、近くでは京都府北部で見られる。
高島市内の同時期の古墳で同様の特色が見られるのは三基あるが、いずれも市北部。南部では初となり、市内で四基目の発見となった。

南部ではこれまで、上御殿遺跡から南に一キロ弱離れた前方後円墳で六世紀前半の「鴨(かも)稲荷山古墳」(鴨)で、日本海側で多く見られる金銅製の冠などの副葬品が見つかっている。担当者は「鴨稲荷山のような首長だけでなく、中小の有力者も日本海側と交流があったことが分かる」と意義付けている。

現地説明会は三月二日午後一時半から。問い合わせは、協会=電077(548)9780=へ。

記事のページ:
http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20140228/CK2014022802000023.html