最新古墳にコーフンニュース

イベント

熊本県内装飾古墳春の一斉公開(3月21日、22日)/熊本

2014年3月21と22日に熊本県内にて「熊本県内装飾古墳春の一斉公開」が開催されます。

実はいつでもみられるわけではない装飾古墳内部を、専門職員の解説を聞きながら見学できる機会です。
装飾古墳とは、古墳の内部に文様や絵が描かれたり彫刻されているものです。全国に20万基以上ある古墳のうち、装飾古墳は660もとにすぎず、そのうち、195基が熊本県に集中しています。熊本県は装飾古墳大国です。
この一斉公開の催しは、装飾古墳内の保存環境の維持に最大限の注意を払いつつ、大規模な公開に耐えられる時期を選定し、平成21年から県北の菊地川流域装飾古墳一斉公開として行ってきましたが、範囲を広め、今年度春は全9か所を公開します。この一斉公開は、九州管内だけでなく、関東、東北地方からも数多くのお問い合わせをいただいているところです。
今年度は、球磨郡錦町と人吉市が初参加です。
ぜひ、この機会に郷土の誇るべき史跡、装飾古墳の世界を体験してみてはいかがでしょうか。

詳細ページ(チラシ画像あり):
http://www.pref.kumamoto.jp/soshiki/117/news.html