最新古墳にコーフンニュース

ニュース

紀伊風土記の丘で古墳ガイドツアー 郡長塚古墳石室4年ぶり公開/和歌山

大小様々な古墳が密集する岩橋千塚古墳群(和歌山市岩橋)の代表的古墳、郡長塚古墳とその周辺の古墳をめぐるガイドツアーが8日、同古墳群にある県立紀伊風土記の丘で開かれた。郡長塚古墳の石室も4年ぶりに公開され、貴重な機会に参加者らは盛んにシャッターを切っていた。

郡長塚古墳は、岩橋千塚古墳群を代表する、全長約30・5メートルの6世紀半ばの前方後円墳。横穴式石室は保存のために通常は閉められており、4年ぶりの貴重な公開となった。

この日は、県内外から集まった参加者約30人が、同施設の学芸員やボランティアガイドの解説を聞きながら園内を見学。郡長塚古墳頂上の盗掘坑からはしごで下って石室へ入ると、参加者らは興味深げに周囲を見回しながら、「どのように作ったのですか」などと学芸員に質問していた。

神戸市から参加した松永善行さん(62)は「どんな人が、どんな風に作ったのか。歴史のロマンが感じられました」と笑顔で話していた。

記事のページ:
http://sankei.jp.msn.com/region/news/140309/wky14030902270000-n1.htm