最新古墳にコーフンニュース

イベント

発掘成果報告会「おもろいもん出ましたんやわ@三重2013」を開催/三重

2014年3月15日に三重県埋蔵文化財センター嬉野分室にて『発掘成果報告会「おもろいもん出ましたんやわ@三重2013」』が開催されます。

三重県埋蔵文化財センターでは発掘調査のたびに現地説明会を開催し、その成果を公表しています。しかし、様々な事情から説明会を開催できなかった遺跡や、現地説明会以降の発掘調査や整理作業が進むなかで「あっ!」と驚くような発見があった遺跡もあります。こうした遺跡の「おもろいこと」を集めた発掘成果報告会を次のとおり開催します。

【1 日時】平成26年3月15日(土) 13時00分から16時30分まで

【2 場所】三重県埋蔵文化財センター嬉野分室 学習棟(松阪市嬉野川北町501)
※近鉄「伊勢中川」駅下車、東口から徒歩15分

【3 内容】
平成25年度に三重県埋蔵文化財センターが調査した遺跡の発掘成果報告と出土品の展示を行います。約1万年前の縄文土器から明治時代の徳利などの日用品まで、あらゆる時代の出土品が勢ぞろいします。当日は本物の歴史資料に触れて、間近で観察することもできます。
展示の一押しは、伊賀市東条(ひがしじょう)1号墳で発見された鉄刀(てっとう)や銅鏡(どうきょう)です。これらは昨年度の発掘調査で出土したものですが、今年度サビ落とし等の保存処理作業を行い、綺麗で迫力ある姿を取り戻しました。今回、保存処理が完了した姿を初公開いたしますので、この機会にどうぞご覧ください。

■主な遺跡と展示品
○四日市市 中野山(なかのやま)遺跡の縄文土器や石器、弥生土器、飛鳥~奈良時代の土器[須恵器]
○四日市市 小牧南(こまきみなみ)遺跡の縄文土器や石器、勾玉(まがたま)、古墳時代の土器[土師器]
○鈴鹿市 森ヶ坪(もりがつぼ)遺跡の縄文土器、弥生土器
○津市 小ブケ(こぶけ)遺跡の古墳時代の土器[土師器、須恵器]
○松阪市 堀町(ほりまち)遺跡、縄文土器や平安時代の文字が墨書された土器、鎌倉~室町時代の井戸枠や木製品[曲物(まげもの)・漆椀(うるしわん)・横櫛(よこぐし)]
○松阪市 中坪(なかつぼ)遺跡の奈良時代の土器[土師器、須恵器]、鎌倉時代の木製品[曲物]
○伊賀市 東条1号墳の鉄刀や銅鏡[四獣鏡(しじゅうきょう)]、古墳時代のネックレス[勾玉(まがたま)、碧玉(へきぎょく)]やブレスレット[銅釧(どうくしろ)、ガラス製小玉]といった装飾品

【4 対象】どなたでも参加できます。事前のお申込みみは不要です。(会場は定員60名)

【5 参加費】無料

【6 説明者】三重県埋蔵文化財センター職員

【7 その他】開催場所については、三重県埋蔵文化財センターのウェブサイトをご覧ください。
当日の問い合わせ先 三重県埋蔵文化財センター嬉野分室(0598-42-5886)

詳細ページ:
http://www.pref.mie.lg.jp/TOPICS/2014020293.htm