最新古墳にコーフンニュース

ニュース

武者塚古墳出土品が国指定重要文化財となります(上高津貝塚)/茨城

土浦市上坂田にある武者塚古墳の出土品が、このたび新たに重要文化財(美術工芸品)に指定する旨の答申を受けました。
出土品は、銀帯状金具をはじめ、銀や銅で飾られた大刀や勾玉など合計147点にのぼります。古墳時代後期(7世紀)の葬送儀礼や当時の服飾を復元するうえで学術的価値が高いものです。
茨城県の考古資料の重要文化財指定は昭和34年以来3件目、土浦市での重要文化財指定は昭和51年の「旧茨城県立土浦中学校本館(建造物)」以来、38年ぶりになります。
出土品は、現在、指定に伴う審議のため文化庁に貸出中で、4月22日(火)~5月11日(日)まで、東京国立博物館において「平成26年新指定国宝・重要文化財」として展示される予定です。本年秋には、当館でお披露目の展覧会を予定しています。

記事のページ:
http://www.city.tsuchiura.lg.jp/page/page005612.html