最新古墳にコーフンニュース

ニュース

芝ケ原古墳に縮尺模型 城陽・史跡整備が完了/京都

重要文化財の銅製品などが出土した京都府城陽市寺田の国指定史跡「芝ケ原古墳」の整備工事が完了した。昨春、古墳の復元や広場の開園など大部分は終えていたが、このほど東側の入り口部分が完成。直径3・8メートルの立体地形模型も設置された。

模型は磁器製で、周囲の古墳群や当時の地形を500分の1の縮尺で再現。各古墳を解説するパネルを周囲に配置した。立体感を増すため標高や古墳などの高さは2倍に強調されている。

芝ケ原古墳は同市北部や宇治市南部にかけて100基以上ある久津川古墳群の一つ。3世紀前半に築かれた。市は2010年度から整備を続けてきた。

記事のページ:
http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20140403000045