最新古墳にコーフンニュース

イベント

キトラ古墳壁画に触れる!〜壁画の高精細画像と科学調査の成果をタッチモニターで鑑賞〜

独立行政法人 情報通信研究機構(以下「NICT」、理事長: 坂内 正夫)と独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所(以下「奈文研」、所長: 松村 恵司)は、平成26年4月22日(火)から5月18日(日)まで東京国立博物館で開催される特別展「キトラ古墳壁画」の関連イベントとして、「キトラに触れる!」展を開催します。
キトラ古墳と高松塚古墳の壁画の高精細画像および科学調査の成果を、同館表慶館1Fで42インチのタッチモニターとタブレットPCを用いて紹介します。
輪郭線が明瞭に見られる赤外線撮影の画像、壁画断面のテラヘルツ波を用いたイメージング画像、朱雀や白虎などの高精細画像を拡大画面でご覧いただけます。

見どころ1: 近づいて見る
文化財の通常の展示では「もっと近くで見たい」と感じられる方も多いと思います。「キトラに触れる!」展では、デジタル高精細画像を大画面のタッチモニターで自由に拡大縮小して鑑賞することができます。

見どころ2: 科学の目で見る
貴重な古墳壁画を後世に伝えていくため、非破壊の科学調査を行っています。
キトラ古墳は漆喰の上に描かれています。
赤外線を用いると、土で覆われて見えにくくなっている壁画の輪郭線を明瞭に見ることができます(図2の赤枠内の朱雀の翼部分)。
テラヘルツ波によるイメージング技術を使った調査では、壁画を傷つけずに壁画の下の漆喰層を観測することができます。
これらの技術により壁画全体の状態を把握し、保存修復に貢献します。

詳細ページ:
http://www.nict.go.jp/press/2014/04/11-1.html

おおお、また楽しそうなイベントが・・・。