最新古墳にコーフンニュース

ニュース

(特別展 キトラ古墳壁画)男女の群像、なぜいない

キトラ古墳と同様の極彩色壁画が見つかったのが、同じ奈良県明日香村にある高松塚古墳だ。1972年の発掘で発見された壁画は当時、「戦後最大の考古学的発見」と評された。

その後、壁画は国宝に指定されたが、2004年にカビなどで深刻な劣化が進んでいることが判明。壁画は描かれた石室の石材ごと解体され、現在、保存修理が進められている。

東京国立博物館の「キトラ古墳壁画展」では、前田青邨(せいそん)や平山郁夫ら日本画の大家が手がけた高松塚古墳壁画の模写も展示される。特に注目されるのが、「飛鳥美人(西壁女子群像)」など、色鮮やかな衣装をまとった男女像だ。

詳細ページ(続き):
http://www.asahi.com/articles/ASG466586G46PLZU00S.html