最新古墳にコーフンニュース

イベント

モデルは飛鳥美人、手作り古代衣装 東京で初のショー(5月8日)/東京

奈良時代の貴族や役人らの姿を独自に再現した古代衣装が、全国各地から引っ張りだこだ。作ったのは古代・美術史に魅せられ、奈良で洋裁教室を開く女性。東京・上野の東京国立博物館で5月8日、東京で初めてのファッションショーを開く。

奈良県香芝市で約35年間、洋裁教室を営む山口千代子さん(70)。奈良県明日香村の高松塚古墳に描かれた国宝壁画「飛鳥美人」や正倉院宝物、仏教絵画、隋・唐の壁画などを参考に、約10年前から趣味で作り始めた。

仏像鑑賞が好きでカルチャーセンターで10年間美術史を勉強した。解説ボランティアをしていた奈良国立博物館で、毎年恒例の正倉院展に出品される衣装や装身具に魅了されたのが、古代衣装作りのきっかけだ。

詳細ページ(続き):
http://www.asahi.com/articles/ASG467JZ1G46POMB00K.html