最新古墳にコーフンニュース

ニュース

石室ひんやり、古墳を体感 京都・向日の児童が見学/京都

京都府向日市寺戸町の第6向陽小の6年児童が19日、同市物集女町にある物集女車塚古墳を教材に古墳を学ぶ授業に取り組んだ。出土品を実際に触ったり、古墳内部の石室を見学したりして、地域の歴史遺産への理解を深めた。

市教育委員会が進める「ふるさと学習」の一環で、26日から始まる物集女車塚古墳の一般公開に合わせ、実施している。6年はこの時期に社会科で古墳時代を学んでいる。

この日は、6年の66人が、学校で市埋蔵文化財センターの職員から古墳の説明を受け、出土した土器を触って、においを確認するなどした。

続いて古墳に移動し、児童は5人ほどのグループに分かれて、ひんやりとした石室に入って石棺がある玄室を見学した。職員から石を台形に積み上げて作る方法や出土品の説明を受け、ノートを取りながら熱心に聞いていた。

記事のページ:
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20140520000044