最新古墳にコーフンニュース

ニュース

古代史キャラ、乱立の世 出土品アピール、埴輪・土偶に偏りも

各地で町おこしなどに活躍する「ご当地キャラ」。近年は、考古学や古代史に題材をとったキャラクターが増えている。

今年3月に熊本市で開かれた鞠智城(きくちじょう)跡「特別研究」成果報告会。会場には来場者を迎える「ころう君」の姿があった。

記事のページ(続き):
http://www.asahi.com/articles/DA3S11190521.html