最新古墳にコーフンニュース

ニュース

古代の息吹再生「葉佐池古墳」12日開園(愛媛)

愛媛県松山市北梅本町の国指定史跡「葉佐池古墳」で、市教育委員会が進めてきた整備工事が完了し、12日に「葉佐池古墳公園」として開園する。
古墳時代の葬送儀礼を解明する手掛かりとなった石室や、発掘調査結果を紹介するガイダンス棟を見学できる。
葉佐池古墳は6世紀中ごろ(古墳時代後期)に築造された。長円形で、長さ約41メートル、幅最大約23メートル。1992年の発見以降、市教委などが発掘調査を進めてきた。
未盗掘の横穴式石室には、木製のひつぎが大きさの分かる状態で残っており、被葬者に付着していたハエのさなぎの抜け殻が日本書紀などに記されている葬送儀礼の検証を可能にした。
2011年2月、国史跡に指定された。

記事のページ:
https://www.ehime-np.co.jp/news/local/20140708/news20140708028.html