最新古墳にコーフンニュース

イベント

「茨木市海北塚古墳の出土品-東京国立博物館所蔵資料の里帰り展-」(8月30日〜)/大阪

2014年8月30日〜2014年9月28日まで、大阪府河南町の近つ飛鳥博物館にて「茨木市海北塚古墳の出土品-東京国立博物館所蔵資料の里帰り展-」が開催されます。

開催期間:平成26年8月30日(土)~平成26年9月28日(日)
会場:近つ飛鳥博物館 常設展示室

海北塚古墳は茨木市福井に所在する古墳時代後期(6世紀後半)の大型円墳です。明治から昭和初期にかけて銅鏡、銀製装身具、 金銅装大刀装具、馬具、須恵器など豊富な副葬品が見つかりました。古墳時代後期の古墳の副葬品を代表する典型例です。
今回の展示では東京国立博物館所蔵資料の中から、遺存状態の良好な銅鏡、銀製勾玉、金銅装環頭把頭、馬具などを展示します。 海北塚古墳の出土品がまとまって大阪で公開されるのは、今回が初めてです。

詳細ページ:
http://www.chikatsu-asuka.jp/?s=exhibition