最新古墳にコーフンニュース

ニュース

ふじみ野市で巫女の埴輪出土 6世紀の前方後円墳か/埼玉

ふじみ野市教育委員会は二十二日、同市福岡三丁目の「ハケ遺跡」から今月十一日、六世紀の巫女(みこ)姿の人物埴輪(はにわ)(高さ四十五センチ、幅二十二センチ、奥行き十二センチ)が同市で初めて出土したと発表した。

市教委は、同遺跡が前方後円墳を含む複数の古墳が密集した「群集墳」の可能性があるとみている。川越市の仙波古墳群と朝霞市の内間木古墳群の間は、前方後円墳のない「空白地帯」とされてきたが、今後の調査で空白が埋められる可能性が出てきた。

埴輪は新河岸川右岸の住宅街の中の建売住宅一戸分の建設予定地で見つかった。埴輪は古墳の周溝とみられる溝に横たわり、髷(まげ)のある端正な顔が完全な形で出土した。二十二日までの発掘調査で、この埴輪を含む三体分の人物埴輪の破片が見つかっている。

今回の埴輪の発見で、発掘現場の南隣にある通称・御嶽山神社が、地形の特徴から長さ約三十メートルの前方後円墳である可能性も出てきた。同神社はこれまで御嶽山信仰の塚とみられてきたが、塚の部分と隣接して方形に盛り上がった部分がある。市上福岡歴史民俗資料館の坪田幹男館長は「御嶽山神社が前方後円墳だとすれば、この地域を治めた有力な豪族が葬られた可能性がある」としている。

埼玉県史によると、県内では埼玉(さきたま)古墳群を代表に約百三十基の前方後円墳が確認されており、大半が六世紀の建造。河川域を支配した首長の墓である前方後円墳の周囲に三~五基の古墳が群集して造られる例が多い。

今回見つかったのと同様の巫女姿の埴輪は坂戸市でも出土しているが、ふじみ野市の埴輪の方が洗練された造形となっている。

市教委は二十三日から同資料館で開かれる最新出土品展に、この埴輪を急きょ展示する。土のついたままの状態で観察できる。問い合わせは同資料館=電049(261)6065=へ。

記事のページ:
http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/20140823/CK2014082302000148.html