最新古墳にコーフンニュース

イベント

シンポジウム 古墳研究のさきがけ・ガウランドを考える-これまでの研究成果と大英博物館所蔵資料に関する新知見-(9月20日)/東京

2014年9月20日に、東京都千代田区の明治大学博物館にて「シンポジウム 古墳研究のさきがけ・ガウランドを考える-これまでの研究成果と大英博物館所蔵資料に関する新知見-」が開催されます。

2014年9月20日(土) 13:00~17:00 申込み不要・参加無料

※11:00より博物館特別展示室においてギャラリートークを行います(30分)

司会進行:佐々木憲一(明治大学)
13:00 開会挨拶 風間 信隆(明治大学博物館館長)
13:05-14:20 基調講演「ウイリアム・ガウランドの日本古墳研究」 大塚 初重氏(明治大学名誉教授)
14:20-14:30 (休憩)
14:30-15:00 報告1:「ガウランドが残した古墳の写真と記録」 忽那 敬三(明治大学博物館)
15:00-15:30 報告2:「ガウランド・コレクションの馬具」 諫早 直人(奈良文化財研究所)
15:30-15:40 (休憩)
15:40-16:10 報告3:「ガウランド・コレクションの武具」 土屋 隆史(宮内庁書陵部)
16:10-16:25 報告4:「2冊のガウランド直筆ノート」 竹村 亮仁(京都府埋蔵文化財調査研究センター)
16:25-16:40 報告5:「大英博物館のウィリアム・ガウランド・アーカイブとガウランドが受けた影響」Luke Edgington-Brown(University of East Anglia and the British Museum)
16:40-16:55 報告6:「Gowland Projectの研究成果と今後の活用に向けて」一瀬 和夫(京都橘大学・Gowland Projectリーダー)
16:55 コメントと閉会挨拶 菱田 哲郎(京都府立大学・Gowland Projectメンバー・WAC-8京都実行委員会委員)
17:00 閉会

会 場 明治大学駿河台キャンパス アカデミーコモン9階 309A教室
主 催 明治大学博物館 日英共同研究調査グループGowland Project
後 援 特定非営利法人WAC Japan(認可申請中) WAC-8京都実行委員会

詳細ページ:
http://www.meiji.ac.jp/museum/news/2014/6t5h7p00000huklv.html