最新古墳にコーフンニュース

イベント

第1回 大室古墳群まつり(10月26日)/長野

2014年10月26日、長野県長野市の大室古墳群にて「第1回 大室古墳群まつり」が開催されます。

国の史跡に指定されている松代町大室の「大室古墳群」において、地元の実行委員会主催による『第1回 大室古墳群まつり』が開催されます。およそ1,500年前に造られた古墳について、学芸員の解説を聞きながら間近でじっくりとご覧いただけます。そのほか、勾玉づくりや火おこしなどの体験コーナーや、限定300食の「古墳カレー」のおふるまいもあります。
是非、この機会に大室古墳群へおこしください。

【開催日】
平成26年10月26日(日曜)

【プログラム】
8時20分~ 受付開始(勾玉づくり・粘土キット販売開始)
9時00分~ 開会式
・大室太々神楽、大釜火入れ式(古墳時代の火おこしによって点火)
9時45分~ 古墳見学会出発(学芸員の解説付き約90分コース)
交流広場開始
・けん玉、お手玉、紙芝居など(子供たちと昔の遊びでふれあい)
10時00分~ トッカン菓子、綿あめ提供
11時00分~ 体験コーナー
・勾玉づくり(70名限定)、火おこし、油粘土による土器づくり(50名限定)
12時00分~ 「古墳カレー」おふるまい(300食限定)
14時00分~ 閉会式

※雨天の場合は大室公民館にて規模縮小のうえ、行事と古墳カレーの提供を行います。
大室公民館には駐車場はございませんのでご注意ください。

【参加費】
無料です。
※「勾玉づくり」と「油粘土による土器づくり」は、それぞれ材料費200円が必要です。

【大室古墳群について】
長野市松代町大室にある大室古墳群は、古墳時代の5~7世紀に造られた東日本最大級の古墳群です。奇妙山から派生する3つの尾根とそれに挟まれた2つの谷部に約500基もの古墳が密集し、「積石塚」や「合掌形石室」といった特徴をもつ古墳が多く存在します。このうち、大室谷支群の一部が平成9年に国史跡に指定されました。
長野市では古墳群の史跡整備を進めており、平成26年4月よりエントランスゾーンが本格オープンしています。

詳細ページ(チラシPDFあり):
http://www.city.nagano.nagano.jp/soshiki/bunka/97709.html