最新古墳にコーフンニュース

ニュース

鳴門の大代古墳、保存会の会員らが草刈り/徳島

鳴門市大津町の大代古墳で30日、地元の「大代古墳等歴史的文化遺産保存会」の会員らが草刈りをした。

古墳は、高松自動車道の建設に伴う調査で見つかり、当初の計画では切り通しだったがトンネルに計画変更された。4世紀後半の前方後円墳と2基の円墳があり、県の史跡になっている。

毎年、この時期に草刈り機で雑草を刈り取る作業をしている。今年は、イノシシに荒らされ所々に大きな穴がある。春の一般公開までには原状復帰させたい、と県に要請している。

記事のページ:
http://www.asahi.com/articles/ASGCZ35WZGCZPUTB001.html