最新古墳にコーフンニュース

イベント

熊本県立装飾古墳館 春季企画展「鹿角製品が語る装飾古墳展」(1月20日〜)/熊本

2015年1月20日〜2015年5月10日まで、熊本県山鹿市の熊本県立装飾古墳館にて『春季企画展「鹿角製品が語る装飾古墳展」』が開催されます。

期間:平成27年1月20日(火)~平成27年5月10日(日)です。
月曜日は休館日。祝日の場合、翌日に休館します。

古代文字のない時代、人びとは土器の表面などに記号や絵画を描きました。熊本県は、全国で最も数の多い195基の装飾古墳を保有しますが、装飾が描かれた古墳の石材は、キャンバスの一種ともいえます。

本展示で紹介する鹿角製品ですが、装飾古墳の装飾中に確認できることは、あまり知られていないと思います。展示では、装飾古墳に描かれた刀(剣)等の装飾パネルの展示、縄文時代から古代へと至る鹿角製品の考古遺物を中心に紹介します。

また、鹿角製装具が出土した国越古墳出土遺物については、関連する資料として、古墳館が保管する土器や玉類、鉄器、鏡等を出展します。さらには、宇土市教育委員会、熊本大学の協力をいただき、国越古墳出土の埴輪の展示も併せて行います。この展示を通して、装飾古墳の理解への一助となれば幸いです。

詳細ページ(チラシ画像あり):
http://www.kofunkan.pref.kumamoto.jp/info/#anchor2014-12-26