最新古墳にコーフンニュース

イベント

はにわ館学習支援展示 『大昔のくらし』(4月11日〜)/三重

2015年4月11日〜2015年5月31日まで、三重県松阪市の文化財センター(はにわ館)にて『はにわ館 学習支援展示「大昔のくらし」』が開催されます。

はにわ館 学習支援展示『大昔のくらし』
平成27年4月11日(土)~5月31日(日)【はにわ館第2展示室】

地面の下から発掘される出土品は、わたしたちにさまざまなことを教えてくれます。遺跡から見つかる土器や石器などは、わたしたちが昔の様子を知る上で大きな手がかりになります。今回の展示は、松阪市内で見つかった縄文・弥生・古墳時代の人びとが使っていた本物の道具や、発掘でわかったことをもとに作った模型などを使って、松阪地域の大昔のくらしを紹介し、学校ではじめて歴史を学ぶみなさんのお手伝いをします。
この展示を通じて、大昔にわたしたちの松阪地域に住んでいた人びとの思いやくらしの一端にふれてみませんか?

開館時間:9時~17時(入館は16時30分まで)
入館料:一般100円(18歳以下無料)
※平成27年4月18日(土)は「県民の日」を記念して無料
休館日:月曜日(祝日の場合は開館)、祝日の翌日、年末年始
※平成27年4月30日(木)は開館

★展示説明会
松阪市文化財センター学芸員が、展示をわかりやすく解説します。事前申込は不要です。
とき:4月11日(土)13:30~14:30
ところ:はにわ館第2展示室へ直接お越しください。

詳細ページ(チラシ画像あり):
http://www.city.matsusaka.mie.jp/www/contents/1329271000220/index.html