最新古墳にコーフンニュース

ニュース

児童らが土器や埴輪の破片表採 壬生の愛宕塚古墳/栃木

藤井小の6年生7人が23日、壬生甲車塚の国指定史跡愛宕塚古墳で埴輪の破片を拾う「表採作業」を体験した。

町には同古墳をはじめ牛塚古墳、車塚古墳などの国指定史跡が多く点在する。表採作業は古墳の表面に落ちている土器や埴輪の破片を集める作業。集めた破片は町歴史民俗資料館で水洗いし出土した保存を書き込んで保存する。町では児童たちに体を使って体験しながら歴史を知ってもらおうと、約10年前から実施している。

この日は本年度最初の体験。案内役の町生涯学習課文化財係長君島利行さん(55)から「掘り返すのではなく、落ちている物を拾い上げてください」などと指導を受けながら、児童たちは、身をかがめて地面をくまなく観察し、落ち葉や枝の間から埴輪の破片を次々と発見していた。

記事のページ:
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20150425/1939661