最新古墳にコーフンニュース

ニュース

<沼津市>予算案 高尾山古墳、発掘調査に5100万円 全面取り壊しへ/静岡

沼津市は2日、高尾山古墳(沼津市東熊堂(ひがしくまんどう))を取り壊す、全面発掘調査費5100万円を盛り込んだ一般会計補正予算案を発表した。9日開会の市議会定例会に提案する。

補正予算案が可決されれば、市は来年度までの2年間で、古墳を全面的にはぎ取る発掘調査を実施。その後、都市計画道路を建設する予定だ。

高尾山古墳は東日本最古最大級の古墳。国内最大の考古学会である日本考古学協会は5月25日に「畿内の最初期古墳と肩を並べる駿河の最有力首長墳。古墳文化形成を解明する上で極めて重要」と古墳の重要性を指摘。「道路計画事業を見直すことで、古墳の適切な保存と活用が図られることをあらためて強く要望する」と保存を求める会長声明を発表している。

記事のページ:
http://news.goo.ne.jp/article/mainichi_region/region/mainichi_region-20150603ddlk22010105000c.html