最新古墳にコーフンニュース

ニュース

高松塚・キトラ両古墳壁画の修復、専門家「作業は順調」/奈良

明日香村の文化庁の施設で修復作業が続けられている高松塚古墳壁画(国宝)とキトラ古墳壁画が7日、日本考古学協会や美術史学会、文化財保存修復学会など11学会の計18人の専門家に公開された。高松塚古墳壁画の専門家への公開は3回目、キトラ古墳壁画は初めてとなる。

公開は2回に分けて行われ、マスク姿で修復室に入った専門家は2つの壁画の状況を約1時間かけてゆっくりと見て回った。

壁画を見た日本考古学協会の高倉洋彰会長は「修復作業は順調に進んでいるようで、高松塚古墳壁画は第1回の公開(平成25年)の時よりきれいになっている」と指摘。「古墳の近くに常設館をつくり、現地が分かる状態で公開すべきだ。多くの人に見ていただきたい」と話した。

キトラ古墳壁画は来年度に国営飛鳥歴史公園キトラ古墳周辺地区に完成する保存・展示施設で公開される。

記事のページ:
http://www.sankei.com/region/news/150608/rgn1506080026-n1.html