最新古墳にコーフンニュース

ニュース

<長山古墳>「幻の古墳」存在確認 百舌鳥古墳群最古級、4世紀後半の埴輪 堺

堺市は30日、同市堺区の住宅地で、長山古墳の葺(ふ)き石や埴輪(はにわ)片が初めて見つかったと発表した。長山古墳は文献に記載されていたが、開発で墳丘が削り取られ「幻の古墳」とされていた。築造が4世紀後半とみられ、百舌鳥(もず)古墳群最古級だったことも判明。同時期の乳岡(ちのおか)古墳とともに、古墳群の中で最も大阪湾寄りに位置しており、市は海岸近くから巨大古墳群が形成され始めたことを示すとみている。

記事のページ:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130731-00000001-maiall-soci

さすが百舌鳥古墳群、まだまだ古墳が眠っていそうですね。