最新古墳にコーフンニュース

ニュース

古代衣装で児童がパレード 神戸で五色塚古墳まつり/兵庫

4世紀後半に造られた兵庫県内最大の前方後円墳である五色塚古墳(神戸市垂水区五色山)の周辺で13日、「五色塚古墳まつり」が開かれた。古代衣装を着た地元小学生によるパレードなどがあり、参加者はいにしえに思いをはせた。

地域の文化財を身近に感じてほしいと、神戸市教育委員会が主催した。

近隣の霞ケ丘小学校6年の児童約40人が古墳時代をイメージした衣装を身につけ、垂水区観光大使のゆるキャラ「ごしきまろ」の先導で古墳の周りを行進。後円部に手作りの埴輪を円形に並べた後、地元婦人会メンバーも加わって「明石海峡大橋音頭」に合わせ、盆踊りを踊った。

参加した女子児童(11)は「古墳のことは授業で勉強していたけど、衣装を着ると、当時の人の気持ちが少しわかったような気がした」と話していた。

記事のページ:
http://www.kobe-np.co.jp/news/kobe/201506/0008120761.shtml