最新古墳にコーフンニュース

ニュース

高尾山古墳を考える:歴史的価値学習、11日に講演会 沼津/静岡

存廃に揺れる高尾山古墳(沼津市東熊堂(ひがしくまんどう))について学ぶ講演会「高尾山古墳を知ろう!」が11日午前10時、沼津市五月町の第5地区センターで開かれる。講師は静岡大人文社会科学部の篠原和大教授(考古学)。

保存を求める「高尾山古墳を守る市民の会」「高尾山古墳を考える会」「高尾山古墳の保存を望む会」と「沼津大好き塾」の主催。市民の会事務局の秋野宣治さんは「東日本で一番古い古墳という歴史的価値を知り、郷土を愛する人になってほしい」と期待する。資料代500円。申し込み・問い合わせは秋野さん(055・926・2074)。

記事のページ:
http://mainichi.jp/feature/news/20150706ddlk22040072000c.html