最新古墳にコーフンニュース

ニュース

桑名「北山C遺跡」に古墳55基 釜垣内遺跡からは“化粧道具セット”/三重

弥生~古墳時代の集落があったとみられる桑名市志知の北山C遺跡で見つかった5世紀(古墳時代中期)の円墳と方墳は計55基に上り、北勢地方で屈指の数を誇る古墳群になったと、県埋蔵文化財センターが発表した。一方、鈴鹿市小岐須町の釜垣内(かまがいと)遺跡で出土した13世紀(鎌倉時代)の墓の副葬品を分析したところ、鏡や毛抜きなどが木箱に入った“化粧道具セット”の存在が明らかになった。

両遺跡ともに新名神高速道路の建設に伴う調査。北山C遺跡の古墳群は員弁川を見渡す河岸台地上に集中。4年間で円墳9基、方墳46基の計55基を確認し、北勢地域では鈴鹿市の石薬師東古墳群の66基に次ぐ古墳群となった。

古墳はすべて盛り土部分が削られ、周りに深さ数十センチの周溝を確認。円墳は直径17~6メートル、方墳は一片20~6メートルで、古墳内からは勾玉(まがたま)や鉄製の刀、円筒埴輪の破片なども出土している。

現地説明会は31日午前10~11時。問い合わせは(電)080・3677・5934。

釜垣内遺跡は鈴鹿山脈東麓の扇状地。東西50メートル、南北30メートルの溝に囲まれた鎌倉時代の屋敷地が確認され、12メートル四方の大型掘立柱建物跡など3棟が見つかった。

その外側から墓3基が出土し、うち1基から直径10センチの青銅鏡、毛抜き、握りばさみが木箱の一部とみられる木片とともに見つかり、女性の化粧道具セットと推定できるという。

現地説明会は11月1日午後2~3時半。問い合わせは(電)080・3677・5927。

記事のページ:
http://www.sankei.com/region/news/151030/rgn1510300043-n1.html