最新古墳にコーフンニュース

ニュース

横穴式石室跡を発見 大津市教委、穴太野添古墳群で7基/滋賀

大津市教委は四日、同市坂本の穴太野添(あのうのぞえ)古墳群発掘調査で、古墳時代後期の横穴式石室跡七基が見つかったと発表した。周辺の古墳群でも出土している渡来系の影響を受けた墓跡で、一帯に渡来人系の墓域が広がっていたことがあらためて裏付けられたという。

石室跡は、下段部分の石材が残っており、縦約三メートル、幅二メートル。内側へ積まれていることから、屋根は丸みのあるドーム型の墳丘とみられる。

石室内からは、副葬品で高さ八センチ、幅十五センチのミニチュアのかまどや銀製のかんざし、木棺を止めるためのくぎ四十本や、土師(はじ)器、須恵器なども見つかった。

ミニチュアかまどやかんざしは、大津市北部の古墳群のほか奈良県や大阪府でも見つかっており、渡来系の影響を強く受けたものとされる。

同市北部は、渡来系の人が多く住んだ地域とされ、坂本から千石台の地域に三十一の古墳群が広がっている。

現地説明会は七日午前十時半から。駐車場はなく、京阪穴太駅から徒歩十分。雨天決行。(問)市文化財保護課=電077(528)2638

記事のページ:
http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20151105/CK2015110502000017.html