最新古墳にコーフンニュース

ニュース

馬越長火塚古墳群を「史跡」に/愛知

愛知県豊橋市は古墳時代の貴重な副葬品が出土した馬越長火塚古墳群を国の遺跡である『史跡』に指定する答申を20日文部科学大臣に提出しました。

今年度中にも認められる方針です。

豊橋市石巻本町の柿畑で発見された馬越長火塚古墳群は、全長17メートルの横穴式石室を持つ前方後円墳で古墳時代後半に作られた墓としては東海地方最大の規模を誇ります。

また、石室からは全国でも指折りの有力者しか持つことが出来ない、金や銅で作られた装飾用の馬具や金具、ガラス製の玉など東海地方屈指と言われる豪華な副葬品が数多く出土しています。

「当時は東三河地方に『ほの国』があったとされている。『ほの国』の国造(=国主)が墓に葬られてるのではないか」(豊橋市文化財センター岩原剛学芸員)

国の史跡指定は年度内にも認可される見通しで、豊橋市では今月22日に現地で説明会を開くほか、今後も保存方法などについて検討することにしています。

記事のページ:
https://hicbc.com/news/detail.asp?cl=c&id=0003EF15