最新古墳にコーフンニュース

ニュース

古墳シンガー「まりこふん」が凱旋公演 古墳愛を披露へ/埼玉

古墳シンガー「まりこふん」が凱旋公演 古墳愛を披露へ/埼玉

ブルースを歌う「麻里子」が古墳に魅せられ、古墳シンガー「まりこふん」に――。古墳を楽しむ若者や考古学者もファンにして、全国各地を旅する彼女が12月2日、出身地・埼玉県久喜市の久喜総合文化会館で初の「凱旋(がいせん)トーク&コンサート」を開く。「古墳、カワイイ」の思いを歌にのせるという。

リズム・アンド・ブルース(R&B)の歌手で、英米への留学経験もある「まりこふん」さんが古墳に興味を持ち始めたのは8年ほど前。公演の折に国内最大の前方後円墳、堺市の大山(だいせん)古墳(仁徳陵古墳)を訪れ、全長486メートルというケタ違いの大きさに驚いた。前方後円墳のくびれが「カワイイ」と思い、全国各地の古墳を巡るうち、円墳などさまざまな形が「オシャレ」と感じるようになった。

ブルースと古墳の組み合わせが目新しかったためか、各地の古墳イベントでのステージが増え、「古墳シンガー」に。春秋のシーズンは毎週のように依頼が舞い込み、ラジオやテレビの出演機会が増えた。

記事のページ:
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151123-00000028-asahi-soci