最新古墳にコーフンニュース

イベント

レーザーがとらえた群馬の古墳~古墳総合調査速報パネル展~(11月27日〜)/群馬

2015年11月27日〜2015年12月3日まで、群馬県前橋市の群馬県庁32階展望ホール(北側)にて『レーザーがとらえた群馬の古墳~古墳総合調査速報パネル展~』が開催されます。

文化財保護課が実施している古墳総合調査では、「古墳大国、群馬」を象徴する大型古墳について、最新技術である航空レーザー計測を用いた調査を実施し、高精度の3次元データを取得しました。このことによって、古墳の姿の立体的把握が可能となりました。
古墳の立体的把握は、古墳研究の進展に大きく寄与することはもとより、巨大ゆえに人間の目では把握しづらい古墳の全貌を私たちに鮮明に伝えてくれます。今回のパネル展では、その成果の一部を紹介します。

1.会期
平成27年11月27日(金)~12月3日(木)(最終日は16時30分まで)

2.会場
群馬県庁32階展望ホール(北側)

3.展示する古墳パネル
太田天神山古墳(太田市)
女体山古墳(太田市)
浅間山古墳(高崎市)
前橋八幡山古墳(前橋市)
七輿山古墳(藤岡市)

4.参考
古墳総合調査の概要については、ホームページをご参照ください。

詳細ページ:
http://www.pref.gunma.jp/houdou/x4600131.html