最新古墳にコーフンニュース

イベント

県立さきたま史跡の博物館「稲荷山古墳出土金錯銘鉄剣復元品」を特別公開(12月5日〜)/埼玉

2015年12月5日~2016年年2月21日まで、埼玉県行田市の県立さきたま史跡の博物館にて『「稲荷山古墳出土金錯銘鉄剣復元品」特別公開』が開催されます。

県立さきたま史跡の博物館では、平成25年に埼玉県へ寄贈された稲荷山古墳出土金錯銘鉄剣(きんさくめいてっけん)復元品を、2年ぶりに国宝の実物資料と並べて特別公開します。

現代の名工たちによって再現された、製作当時を思わせる鉄剣の姿をぜひ御覧ください。そして、古墳時代の技術の高さを体感し、稲荷山古墳出土金錯銘鉄剣の重要性を改めて認識していただければ幸いです。

1.稲荷山古墳出土金錯銘鉄剣復元品の概要
この復元品は、大きさや形状、鍛造の回数、銘文の象嵌、研ぎ方まで、現物に忠実に復元されています。以下のメンバーがプロジェクトチームを作り、復元制作にあたりました。復元制作は平成19年2月から始まり、平成25年7月に完了しました。完成品は同年11月に埼玉県に寄贈されました。

監修・・小川盛弘(おがわもりひろ)氏:メトロポリタン美術館特別顧問
高橋一夫(たかはしかずお)氏:元埼玉県立歴史と民俗の博物館長
作刀・・宮入法廣(みやいりのりひろ)氏:長野県無形文化財保持者
象嵌・・橋本琇巴(はしもとしゅうは)氏:埼玉県刀剣登録審査員
研ぎ・・藤代興里(ふじしろおきさと)氏:(公財)日本美術刀剣保存協会会員
藤代龍哉(ふじしろたつや)氏:(公財)日本美術刀剣保存協会会員

2.会期
平成27年12月5日(土曜日)~平成28年2月21日(日曜日)

3.開館時間・休館日
開館時間 9時00分~16時30分(入館は16時00分まで)
休館日 月曜日(1月11日は除く。)、12月29日~1月3日

4.会場
県立さきたま史跡の博物館 国宝展示室

5.観覧料等
一般200円(120円)、高校生・学生100円(60円)
(中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方は無料)
※( )内は20名以上の団体料金

6.関連事業
(1)学芸員による展示解説
日時:平成28年1月11日(月曜日) 14時00分~14時30分
(2)「国宝公開 太刀・短刀」
内容:県立歴史と民俗博物館が所蔵する国宝「太刀 銘 景光・景政」と国宝「短刀 銘 景光」の特別公開
※当館の特別公開と合わせて観覧すると、埼玉県内にある国宝の刀剣3口をすべて見ることができます。
日時:平成27年11月21日(土曜日)~平成28年2月14日(日曜日)9時00分~16時30分(入館は16時00分まで)
休館日:月曜日(1月11日は除く。)12月29日~1月1日
会場:県立歴史と民俗の博物館 常設展示室 3・4室
観覧料:一般300円(200円)、高校生・学生150円(100円)
(中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方は無料)
※( )内は20名以上の団体料金

7.問い合わせ先
県立さきたま史跡の博物館 資料・展示担当
〒361-0025 行田市埼玉4834
電話:048-559-1181 FAX:048-559-1112
ホームページ:http://www.sakitama-muse.spec.ed.jp/

詳細ページ:
http://www.pref.saitama.lg.jp/a0001/news/page/151130-11.html