最新古墳にコーフンニュース

ニュース

国指定史跡「大住車塚古墳」で小火 枯れ草の火燃え移る?/京都

9日正午ごろ、京都府京田辺市大住の大住車塚古墳から火が出ていると119番があった。火は約40分後に消し止められたが、古墳の墳丘部にある下草などが燃えた。京都府警田辺署によると、古墳近くで農作業をしていた女性が枯れ草などを燃やしていたといい、同署ではこの火が燃え移った可能性があるとみて、詳しい出火原因を調べている。

同市教委によると、大住車塚古墳は5世紀初期(古墳時代中期)の前方後方墳で、全長66メートル。昭和49年に国の史跡に指定された。

記事のページ:
http://www.sankei.com/west/news/160110/wst1601100019-n1.html