最新古墳にコーフンニュース

ニュース

古墳時代の人骨出土 大崎・飯隈古墳群/鹿児島

大崎町神領にある飯隈古墳群内の畑で1500〜1600年前の古墳時代の地下式横穴墓と人骨1体が見つかった。頭や脚がほぼ完全な状態で残っており、専門家は「当時の顔つき、体格、生活習慣が分かる貴重な資料」と話す。
昨年12月24日、畑の耕運中に地面が陥没し、耕作者が町教育委員会に連絡した。
町教委や鹿児島女子短期大学の竹中正巳教授(自然人類学)によると、人骨は眉間や耳の後ろの状態、歯のすり減り具合から40代前後の男性とみられる。身長は155センチとやや小柄。額からあごに掛けて赤い顔料が確認できる。竹中教授は「近年、大隅半島で出土した数百の地下式横穴墓の中でもトップクラスの保存状態」と語る。

記事のページ:
https://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=72699