最新古墳にコーフンニュース

ニュース

高崎市、7世紀の古墳・庚申B号墳を指定史跡に 地域唯一の切石積み/群馬

高崎市は同市金古町にある庚申B号墳を同市の指定史跡に指定した。

庚申古墳群の中の一つで、古墳時代終末期の7世紀後半に築造された。墳丘の直径は約12メートルと小型だが切石を積んだ精緻な石室は当時の最新技術が用いられている。埋葬者は榛名山麓地域を治める首長クラスの人物と考えられている。

市文化財保護課では「高崎市の榛名山東南麓地域で唯一の切石積み古墳で、本市の歴史を知る上で欠かせない重要な文化財」としている。

昭和38年には群馬大による発掘調査、平成2年には群馬町教育委員会による範囲確認調査が実施されているが現在は埋め戻されている。

これで同市の指定史跡は88件となった。

記事のページ:
http://www.sankei.com/region/news/160224/rgn1602240042-n1.html