最新古墳にコーフンニュース

イベント

群馬県古墳総合調査 平成27年度調査成果報告会(3月20日)/群馬

2016年3月20日、群馬県前橋市の群馬県社会福祉総合センターにて『群馬県古墳総合調査 平成27年度調査成果報告会』が開催されます。

文化財保護課が実施している古墳総合調査では、平成24年度から数多くの古墳現地調査を進めてきました。このたび、この現地調査が概ね終了の見通しとなりましたので、下記のとおり今年度の調査成果報告を行います。
4年間にわたる古墳現地調査では、県民ボランティアとしての「県民調査員」が各自で県内各地を踏査することで、数千基に及ぶ古墳の現状を記録してきました。今回は、現地調査に携わった100名を超える県民調査員のうち、5名の県民調査員もその成果を発表します。
加えて、群馬県古墳総合調査指導委員会委員長である右島和夫氏に「群馬県古墳研究史における古墳総合調査の意義」と題した特別講演を行っていただく予定です。

1 名称
「群馬県古墳総合調査 平成27年度調査成果報告会」

2 日時
平成28年3月20日(日) 午後1時30分~午後3時30分

3 内容
群馬県古墳総合調査 平成27年度調査成果報告

県民調査員による「古墳調査報告」
上原 一美氏「古墳と地域との関わり~旧北甘楽郡地域~」
重田 泰嗣氏「佐波郡殖蓮村第75号墳は何故残ったか?」
竹之内 文男氏「80年前、古墳祭の行われた総社二子山古墳」
平井 敬治氏「古墳現地調査報告~利根郡東村第9号墳を中心として~」
吉田 喜代美氏「県民調査員として出会った人たち~旧碓氷郡で現地調査を通して~」

公開特別講演
右島 和夫氏(群馬県古墳総合調査指導委員会委員長)
演題「群馬県古墳研究史における古墳総合調査の意義」

4 会場
群馬県社会福祉総合センター 8階 大ホール
(前橋市新前橋町13-12 電話:027-255-6000)

5 費用
無料

6 申し込み
不要(どなたでも参加できます)

7 定員
200名(先着順)

詳細ページ:
http://www.pref.gunma.jp/houdou/x4600139.html