最新古墳にコーフンニュース

ニュース

清掃活動 歴史遺産を守ろう 益田・スクモ塚古墳で地域住民が参加/島根

益田市久城町の国指定史跡「スクモ塚古墳」で22日、地域住民ら52人が墳丘周辺の草刈りやごみ拾いをした。地元の有志でつくる「久城伝承文化顕彰会」が呼び掛けた。顕彰会は約10年前から年間4、5回、地域のシンボルである歴史遺産を守ろうと清掃活動を続けている。福原幸治会長(67)は「久しぶりに大勢の人が集まり、40代、50代の比較的若い世代の参加者もいて良かった」と話した。

スクモ塚古墳は5世紀初め頃の古墳時代に、益田地方を治めていた首長の墓として築造された石見地方を代表する大型古墳。1941年に国の史跡に指定された。

記事のページ:
http://mainichi.jp/articles/20160524/ddl/k32/040/469000c