最新古墳にコーフンニュース

ニュース

ATM画面に百舌鳥古墳群画像 りそな銀、世界遺産登録盛り上げに一役

百舌鳥(もず)・古市古墳群の世界文化遺産登録に向けて盛り上げようと、りそな銀行の現金自動預払機(ATM)全国約2300台の画面に百舌鳥古墳群の画像が登場した。6月19日まで続けられる。

府と堺市、羽曳野市、藤井寺市で構成する百舌鳥・古市古墳群世界文化遺産登録推進本部会議が企画。府と包括連携協定を締結しているりそな銀行の協力で実現した。平成26年には近畿2府4県の支店ATMで百舌鳥古墳群、27年には全国のATMで古市古墳群の画像を使い、それぞれ約1カ月間のPRをしており、今回が3回目。

今夏には、世界文化遺産登録の国内推薦が決定する予定で、推進本部会議事務局では「全国で機運醸成を図っていきたい」と意気込んでいる。

記事のページ:
http://www.sankei.com/west/news/160522/wst1605220026-n1.html