最新古墳にコーフンニュース

ニュース

元善光寺や古墳群を巡る 飯田で全国地名研究者大会/長野

「第三十五回全国地名研究者伊那谷大会」(日本地名研究所主催、中日新聞社など後援)が二十八、二十九の両日、飯田市内などで開かれた。二十九日は野外学習が行われ、全国から集まった研究者らが、同市座光寺の元善光寺などを訪れた。

大会は「信州 天龍川をめぐる地名と風土」がテーマで、二十八日は同市の飯田文化会館で研究集会を開催した。

二十九日の野外学習は、名所旧跡を巡る探訪ツアーを企画。約百三十人が参加し、善光寺信仰の発祥地とされる元善光寺や、古墳群を代表する前方後円墳「高岡第1号古墳」に足を運んだ。

高岡第1号古墳では、墳丘や横穴式石室を見学したほか、一七一五(正徳五)年に天竜川が氾濫した大水害「未満水」で受けた被害などの解説もあった。

記事のページ:
http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20160530/CK2016053002000015.html