最新古墳にコーフンニュース

ニュース

高松塚古墳・キトラ古墳の壁画からの微生物株公開へ - 文化庁保有のカビ・酵母・細菌株の移管完了と提供開始 -(理化学研究所)

理化学研究所(理研)バイオリソースセンター微生物材料開発室(BRC-JCM)は、2016年6月末に文化庁文化財部古墳壁画室からの移管作業を完了した高松塚古墳壁画およびキトラ古墳壁画[1]から分離された微生物(カビ、酵母、細菌)約730株について、2016年7月より学術利用を目的とした提供を開始します。

文化庁と国立文化財機構東京文化財研究所(東文研)らの研究グループによって、高松塚古墳およびキトラ古墳の壁画上やその周辺環境から採取した試料から微生物を分離培養し同定する一連の作業[2]が行われています。同定した微生物株は、壁画の修復に用いられる材料への影響や殺菌剤の効果などを調べる壁画の恒久保存対策に関する研究、ならびに、壁画の微生物による劣化メカニズムの解明に関する基礎研究に用いられてきました。一方で、研究を終えた微生物株の保存・維持が課題となっていました。

BRC-JCMは、研究室などで維持されてきた微生物リソースの存続が危惧される場合、学術・研究的に貴重な微生物株を移管して救済する取り組み[3]を行っています。今回、高松塚古墳およびキトラ古墳の試料から分離された微生物株の中から、学術的に重要と考えられるカビ・酵母・バクテリアの約730株について、文化庁から一括した寄託を受け入れました。これによって、高松塚古墳・キトラ古墳の壁画からの微生物株の保存・維持が可能になり、BRC-JCMから世界中の研究者に対して、学術利用のための微生物株の提供が可能となりました。

微生物株は、壁画の劣化メカニズムについてさらなる研究を進めていく上で極めて貴重な微生物リソースであると同時に、古墳石室内という稀有な環境を分離源とする希少な微生物リソースです。今後、学術利用を目的とした研究や教育活動などに広く活用されていくことが期待されます。

詳細ページ(続き):
http://www.riken.jp/pr/topics/2016/20160629_1/