最新古墳にコーフンニュース

ニュース

ハニワ課長と電子看板合体 世界遺産運動を後押し/大阪

電子看板が付いた堺市のキャラクター・ハニワ課長のモニュメントが7月から、堺市南区役所1階に登場する。古墳群の世界文化遺産の登録の運動を盛り上げようと、地元の堺泉ケ丘ロータリークラブが設立30周年記念で250万円かけて制作し、市に寄贈した。

素材はFRP(繊維強化プラスチック)で高さ2・1メートル。電子看板は46インチあり、古墳や地域の情報を映像で流す。記念事業実行委員長の大塚敏幸さん(68)が自身の会社で1カ月以上かけて制作した。

国内推薦の候補は今月中に決まる見込みで、クラブ会長の盛尾清和さん(75)は「今年こそ推薦を勝ち取れるようお手伝いしたかった」と話した。

記事のページ:
http://www.asahi.com/articles/ASJ6Z0CH6J6YPPTB01G.html