最新古墳にコーフンニュース

イベント

平成28年度歴史に親しむ講座「雪野山古墳の時代」(10月29日〜)/滋賀

2016年10月29日〜2017年1月21日までの数日、滋賀県東近江市の能登川博物館集会ホールにて『平成28年度歴史に親しむ講座「雪野山古墳の時代」』が開催されます。

三角縁神獣鏡が出土した雪野山古墳の歴史講座を行います

昨年好評を得た、「歴史に親しむ講座」を今年も開催します。
雪野山古墳は、3世紀後半から4世紀初頭の古墳とされます。雪野山山頂(標高約308m)の東に湖東平野と鈴鹿山系、西に琵琶湖と比良山系を見渡すことができる場所に、全長約70mの前方後円墳が築造されました。平成元年から4年にかけて行われた発掘調査では、石室内部が未盗掘の状態で残されており、卓越した副葬品を有していることがわかりました。そのため、埋葬された人物は、地域一帯を治める首長(しゅちょう)と考えられています。
講座では、雪野山古墳が築造された古墳時代前期(主に3~4世紀)の歴史を明らかにしていきます。
東アジア全体の動きのなかで、雪野山古墳の調査成果により議論が進展した政権交替論、ヤマト政権の勢力と地方への影響など、専門の先生方による最新の研究成果を知ることができる興味深い講座となっています。ぜひご参加ください!

【各講座】
平成28年10月29日(土)13時30分~15時00分
「古墳時代政権交替論の現在 湖東と播磨の発掘調査成果から」
講師: 大阪大学埋蔵文化財調査室 助教 中久保辰夫先生

平成28年11月6日(日)13時30分~15時00分
「雪野山古墳とヤマト王権」
講師: 明治大学 教授 佐々木憲一先生

平成28年11月12日(土)13時30分~15時00分
「3・4世紀 東アジアの王とクニグニ」(仮)
講師: 滋賀県立大学 教授 田中俊明先生

平成29年1月21日(土)13時30分~15時00分
「東松山市の三角縁神獣鏡」
講師: 東松山市埋蔵文化財センター 副所長 佐藤幸恵先生

【会場】
東近江市能登川博物館 集会ホール 定員100人
〒521-1225 東近江山路町2225
JR琵琶湖線 能登川駅から西へ徒歩12分、名神高速道路八日市ICから車で25分

【参加費】
無料

【申込方法】
氏名、住所、電話番号、受講日を記入の上、メールまたは往復はがきにて、各講座の1週間前までに埋蔵文化財センター必着でお申し込みください。
メール:yukinoyama.kofun @ city.higashiomi.shiga.jp 
往復はがき:〒521-1225 東近江市山路町2225 東近江市埋蔵文化財センター

詳細ページ:
http://www.city.higashiomi.shiga.jp/0000007002.html