最新古墳にコーフンニュース

ニュース

「東光寺」裏付ける遺構 6世紀の古墳跡も出土 舞鶴/京都

府埋蔵文化財調査研究センターは6日、舞鶴市京田の遺跡「東光寺跡」から、13〜16世紀の寺とみられる遺構と出土品が見つかり、さらに6世紀中ごろの古墳跡もあったと発表した。一帯の小字名が「東光寺」だが、寺の存在を裏付ける物は初めて。古墳の存在は予想外という。集落を見下ろす山の斜面の大構造物であることから、センターは有力な勢力が二つの時代にそれぞれいたと推測している。

記事のページ(続き):
http://mainichi.jp/articles/20161007/ddl/k26/040/487000c