最新古墳にコーフンニュース

ニュース

郷土の歴史に思いはせて 古墳時代の「陶棺」復元 岡山・津山の愛好家ら/岡山

古墳時代に使われていた「陶棺」が、津山市の陶芸愛好家メンバーによって復元された。
来月27日、窯で焼いた完成品を一般公開する予定で、遠い古代に思いをはせてきたメンバーらは「当時の人のものづくりへの思いを感じとってほしい」と訴えている。

記事のページ:
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130918-00000064-san-l33

古墳時代からこんなに大きな物を焼く技術があったんですね。
復元された陶棺は2013年10月27日、同市勝北文化センターで行われるシンポジウムで一般公開され、その後、津山郷土博物館で12月1日まで展示されるそうですよ〜。