最新古墳にコーフンニュース

ニュース

井ノ内車塚古墳 主体部は横穴式石室 被葬者、首長級か 長岡京/京都

長岡京市埋蔵文化財センターは24日、国史跡・乙訓古墳群の前方後円墳「井ノ内車塚古墳」(同市井ノ内向井芝)の発掘の結果、古墳の主体部分は横穴式石室だったと発表した。近隣の同じ6世紀前半の前方後円墳と同様の特徴を引き継ぐ石室で、担当者は「近隣一帯の首長墓を頂点とした墓制の階層構造を解明する上で貴重」と強調している。

記事のページ(続き):
http://mainichi.jp/articles/20161125/ddl/k26/040/516000c