最新古墳にコーフンニュース

イベント

桜井市立埋蔵文化財センター 平成28年度企画展「埴輪があった!古墳もあった?」(12月14日〜)/奈良

2016年12月14日〜2017年4月16日まで、奈良県桜井市の埋蔵文化財センターにて『平成28年度企画展「埴輪があった!古墳もあった?」』が開催されます。

「古墳かどうかわからない」

そんなちょっとした高まりからこぼれ落ちたひと欠片の「埴輪」のおかげで、調査をしなくても「古墳である」に表現が変わっていくものがあります。他にも、それまで古墳のような高まりなど一切ない場所から古墳が発見されることもあります。普通の溝と思っていたところから埴輪が出土したことによって、古墳「かもしれない」という評価を与えられる場合もあります。もちろん、さまざまな条件がそろわないと簡単には言い切れませんが、埴輪がその条件のひとつであることは間違いありません。

今回の展示では、このような古墳発見の功労者である「埴輪」にスポットを当て、どのような埴輪が見つかり、古墳が発見されたのかを紹介したいと思います。

◇開催期間◇
平成28年12月14日(水)~平成29年4月16日(日)

◇開館時間◇
9:00~16:30(入館は16:00まで)

◇入 館 料◇
一般(団体):200円(150円)
小・中学生(団体):100円 (50円) ※団体は20名以上

◇会場◇
桜井市立埋蔵文化財センター展示収蔵室

◇休館日◇
毎週月・火曜日(祝日の場合は開館)
祝日の翌日、年末年始(12月26日~1月4日)

◇おもな展示品◇
・忍阪東2号墳出土埴輪
・纒向遺跡
坂田地区出土埴輪
など

詳細ページ(チラシ画像あり):
http://www.sakurai-maibun.nara.jp/tenji/kikaku.html